キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

渦中の安倍昭恵夫人。安倍首相の母・洋子さんがケジメつけよ!と。自由奔放な性格がアダに?

ニュース

渦中の安倍昭恵夫人。安倍首相の母・洋子さんがケジメつけよ!と。自由奔放な性格がアダに?
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

『首相夫人という立場にいながら、得体のしれない人物にはもう会わないように』と、面と向かって厳しく叱咤し、政治家・安倍晋三にもしものことがあったらしっかりケジメをとるように申し伝えたという。
私人としては愛すべき自由奔放な性格も、公人としてはそれが仇(アダ)となって、国を揺さぶることにもなりかねない。

今回は、週刊『女性自身』と雑誌『AERA』の記事を参考に、お茶の間ネタ的に書いてみた。

ゴッドマザーの存在

安倍晋三首相(62)の私邸で再燃した嫁姑バトル。

姑の洋子さん(88)が危機感を募らせたのは、森友学園の国有地払い下げ問題で自分ばかりか、夫まで窮地に追い込まれる局面を作った、昭恵夫人(54)の様々な“言動”だった。

森友学園問題の“主役”として昭恵夫人がクローズアップされ、洋子さんが怖れていた事態が現実になりつつある。

洋子さんは故・岸信介元首相の長女。安倍首相の父で元外相の故・晋太郎氏と結婚し、夫が亡くなった後も長男一家と次男・晋三夫妻と同じ邸宅に住んでいる。

安倍家に隠然たる力を持つ彼女のを、政界関係者は“ゴッドマザー”と呼ぶ。

姑(しゅうとめ)の怒り

政治部記者によると、洋子さんから昭恵夫人への口約束として、

「首相が公務を終えて帰宅するまでに帰宅すること。彼女が経営する居酒屋で酒を飲まないこと。最低限の家事をすること。山口(県)にたびたび帰って選挙の手伝いなど地元周りをマメにすることなどでした。しかし山口に帰ること以外はほとんど守られなかったそうです」

昭恵夫人は、東京・神田で12年から経営する居酒屋『UZU』で“人脈作り”に励んできたという。

安倍首相が帰宅しても、彼女が不在のことも多かったらしい。

洋子さんは折に触れ注意していたようだが、昭恵夫人も頑として言うことを聞かなかった。

そんな昭恵夫人に、洋子さんもさじを投げた状態が続いていた。

しかし森友学園問題は日に日に大きくなり、行方によっては安倍首相の政治生命にも影響を及ぼしかねない。

思いつめた洋子さんがついに、、、、

「『あなたの不知な行動でどれほど首相が苦しんでいると思っていますか?!』と昭恵夫人に話し、『政治家・安倍晋三にもしものことがあったら、しっかりケジメをとってもらいますからね』と付け加えたとも聞いています」(前出・政府関係者)


このときはさすがの昭恵夫人も反論することもなく、黙って洋子さんの話を聞いていたという。

内閣支持率も目に見えて低下。

昭恵夫人だけではなく危機はついに安倍首相も追い込みつつある。

洋子さんの懸念どおり、夫妻が“ケジメ”をつける日が来るかもしれない。




アッキーこと安倍昭恵とは何者なのか?

菅直人元首相の妻、伸子さんに話を聞いたら、『あまりに子どもっぽい』と。


「なんでこんなに私は注目を集めてしまっているんだろうって、すごく戸惑っているんです」

 3月7日、東京都文京区で行われたイベントに出席した彼女は、こう語った。

 安倍昭恵さんといえば、首相夫人でありながら、沖縄を訪れ、防潮堤に異を唱え、反安倍の人とも記念撮影する、「家庭内野党」ではなかったか。

その彼女がなぜ、右派的思想の学校法人の名誉職を受けたのか。

首相夫人には非常駐の職員1人がつき、首相外遊への同伴などを補佐してきた。だが、昭恵さんには、常駐2人、非常駐3人、計5人の職員がついていた。

「いつ、誰が決めたのか。5人もの国家公務員をスタッフにつけながら、私人であるという理屈は通用しません」(辻元議員)

「ファーストレディーは選挙で選ばれたわけではなく、政治的正当性を持ちません。政治的な言動は限定的に行い、節度を保つのは世界の常識です」という意見も。

また、菅直人元首相の妻、伸子さんはこう言う。

「政治家の周囲には様々な人が集まってきます。中にはとんでもないことを頼む人も、利用しようとする人もいます。もっと気をつけたほうがいいと思いますよ」

伸子さんが「理解不能」と断じるのは、昭恵さんがしばしば夫の了承を得ず行動している、と報じられていることだ。

「私が表に出るときは、必ず夫の耳に入れていました。夫に反対されても、思いがあればやることもありますが、何も話さず受けることは考えられない。私の行動でも、必ず政治家である彼に影響がいきますから」

 伸子さんは昭恵さんの行動について、「軽い」と指摘する。冒頭の発言がその証左だ。

「ものごとをあまり考えない。非常に子どもっぽい方のように感じています」

渦(うず)を起こしていきたい。。。。

AERAの取材によればこうなる。

昭恵さんは、森永製菓創業家に生まれ育った、超お嬢様。

40歳を過ぎて、あまりに遅い自分探しを始めた。

大学院に通い、ミャンマーに行き、11年6月には山口県に昭恵農場を開く。

同時にスピリチュアルな世界に関心を持ち、関係を深めていく。

特徴的なのが、対談などに頻出する『神さまに呼ばれた』といった表現。

彼女に違和感を抱くのは、右派的思想と左派的思想が混在しているから。

しかし、彼女にとって、なんら矛盾はない。

スピリチュアリズムを入り口に、従来の右や左とは違う軸で動いている。


昭恵さんは今、何を思うのか。

昭恵さんが開いた東京・神田の居酒屋の名はUZU。

「渦を起こしていきたい」と、日本神話のアメノウズメにあやかって名づけた。

かつてAERAに語ったように、彼女とその夫に「天命」があるというなら、踊り子として踊ることが自身に任じた「天命」なのか。

間違いなく、渦中に彼女はいる。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録